中学生の取り組み

HOME

インターネットラジオ

インターネットラジオ【試聴無料】:未来の宝 “ シラス ” にかけた薩摩隼人

パーソナリティ:川添幸一

  • この番組はインターネットから無料で試聴することができます。
  • 番組をお楽しみいただくには、マイクロソフト社が配布している「Windows Media Player」(無料)が必要です。

マイクロソフト社「Windows Media Player」(無料)

大崎町立大崎第一中学校

シラス

シラス緑化基盤開発から8年が経過した2008年。
ストーンワークスの上中社長は、鹿児島の未来を支える子供たちに向けた取り組みを始めた。

上中社長の母校 大崎町立大崎第一中学校(旧野方中学校)の全校生徒80人の生徒たちとの「シラス緑化基盤」造り。
地元のシラスを中学生たちが自分たちで採りに行き、教わりながら自分たちでシラスを型枠に押し込み成型する。出来上がったシラス基盤を乾燥させ、芝を植え付け、自分たちでデザインしたプールサイドにシラス緑化基盤を敷き込む。80人の中学生が率先して取り組み、見事なチームワークで自分たちの中学校に芝生緑化されたプールサイドを作り上げた。

80人の中学生は、環境素材シラスを使って、自分たちの中学校の環境改善に取り組むことに成功した。

作業風景